お飲み物やお食事について

女性から男性へ提供するケースと、男性から与えて頂くケースがありますが、24時間を過ごすので複数回必要な接遇になりますから、しっかりと覚えてください。

女性から男性へ提供するケース

冷たいお飲み物は両手でグラスを持ち、飲み物を口に含んでからグラスを置き、首の後ろに両手を回して抱きつきながら、ご主人様の口より少し高い位置から斜めに唇を合わせて口移しで提供します。

暖かいお飲み物はカップを両手で持ち、熱過ぎないことを一口飲んで確認してから、口元まで運びお召し上がり頂きます。

食べ物も同様に、冷たいオードブル(チーズや生ハム、フルーツなども)は両手で取って口に咥え、口移しで提供し、暖かいものは箸・フォーク・スプーンなどを口元まで運びお召し上がり頂きます。

チョコレートの様に溶ける物は、溶けるまで唇を合わせ舌を絡め続けます。→ 参考動画(3分30秒あたりから)

男性から女性へ与えて頂けるケース

男性の嗜好や状況によって、2パターンあります。

  1. 口移しや口から垂らして与えてくださる
  2. 犬や猫の様に床に置いた器で与えてくださる

口移しでいただく際には、提供時とは逆にご主人様の口より少し低い位置から斜めに唇を合わせて口移しで飲ませて頂きます。
口から垂らしていただく際には、足元に正座し顔を上に向け、大きく口を開け受け止めます。ご主人様が垂らし終えたら口を閉じ、飲み干してください。
床に置いた器でただく際には、両手の手のひらをしっかり床に付け、お尻をできるだけ高く上げた体制で、舌で掬って飲ませて頂きます。

器でいただく際には、ご鑑賞の対象物であることを忘れない様にしてください。

戻る

トイレについて

ご相談・ご応募をお待ちしています。

相談してみる