はじめに(其の一)

レンタルM女サービスの登録コンシェルジェとして、接遇して頂く際の基本的な考え方を、まず始めに覚えてください。

貴女の立場

SMクラブなどで買ってきた奴隷ではなく、「心よりご主人様をお慕いする従順で性技に長けたご奉仕奴隷」となって頂きますので、大好きなご主人様に喜んで頂ける方法を考え続けてください。

会話・返事・報告など

声を発する時には、ご主人様の目を正面から見据え、涙目になる様にできるだけ瞬きを減らしてお返事やご報告をしてください。待機を命じられたり、何もない時間帯もご主人様を大好きな貴女は常に見つめている様にし、視線に気付いた際に喜びを表現してください。

また、身体を動かしながら言葉を発してはいけません。命令に対する報告であれば、完全に命令されたことを終了させ、身動きせず報告してください。これから命令を実行すると言う返事も同様に、返事を完全に終えてから身体を動かします。

ご主人様の体

貴女が大好きな訳ですから、ご主人様の身体に汚いところはありません。汗をかいても、一切「汚いとなど感じません」と言う態度で接します。できるだけ長時間身体を密着させ、その意思をしっかり表現してください。

ご主人様の体液や排泄物

涎、精子はご主人様から貴女への貴重なプレゼントです。洗い流したり拭いたりせず、全て飲み干し身体の中に入れさせて頂いて幸せです、と言う態度を表現してください。尿や便も考え方は同じなのですが、ご主人様が所有物である貴女の欠損(体調不良など)を望んでいないので、便を口にさせていただけない、と言うことです。

愛撫していただいたら

ご主人様が貴女の胸を揉んだり、クリトリスを刺激したり、指を局部に挿れることがあると思いますが、気持ち良いと感じた場合は素直に感じていることを表現してください。気持ち良くない触れ方の場合には、「触っていただけて嬉しい」と少し違う表現になりますが、しっかりご主人様を見つめながら喜びを表現してください。

ご奉仕について

「ご奉仕を命じられた」訳ではなく、「大好きなご主人様に気持ち良くなって頂くチャンスをいただいた」と考えます。「私が一番嬉しいのは、ご主人様が気持ち良くなってくださる事」と言う態度でご奉仕を続けながらも、ついつい「大好きなご主人様を見つめてしまう」女性の可愛さを表現してください。

プライベートについて

丸一日一緒に過ごすので、接遇やご奉仕の間に会話が続く時間帯も多くあります。お仕事や住まい、趣味などの話になることもあるでしょうが、固有名詞以外の質問には嘘や誇張を混ぜずに回答してください(フルネームは名乗らず名前だけを名乗ります。)。風俗店と違いお相手はお客様ではなく、サービスのオーナーです。複数のオーナーで女性を支えている形なので、オーナー同士の会話において、貴女の嘘や相手を選んで表現していることが発覚すると、お仕事を続けて頂くことが難しくなりますので、ご理解ください。

  • 男性から電話番号を聞いたり、LINE交換を望むことはありません(発覚した場合入会金・年会費を全額没収の上、強制退会になります)。
  • レンタル中の貴女は命令には絶対に服従しなければならない立場ですから、個人的交際を求めることもありません。もし男性がその様な希望を持った場合、後日事務局を通してご連絡をする形になります。

戻る

ご相談・ご応募をお待ちしています。

相談してみる